ご利用規約

ESS Website利用規約>

1条(目的)

      本規約は、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカル カンパニー(以下「会社」)が医療従事者、代理店またはその従業員に会社の製品を適正にご使用頂くために必要な情報を提供するために運営する「ESS Website」(第2条で定義します)を通じて提供するすべてのサービス(以下「本サービス」とし、接続可能な有線・無線端末の種類とは関係なく利用可能な「会社」が提供するすべての「サービス」をいいます)に関連して、会社および会員の諸権利および義務その他の必要な事項を定めることを目的とします。

      ESS Websiteは、日本国内において医療に従事する医療従事者を対象とするもので、一般人を対象とせず、且つ日本国外に発信することを目的とするものではありません。

2用語の定義

      ESS Website」とは、会社が医療従事者、代理店およびその従業員の教育活動のために、インターネットおよびモバイルで運営するウェブサイトをいいます。

      「会員」とは、ESS Websiteを通じて会社が提供する本サービスを利用する医療従事者、代理店およびその従業員をいいます。

3規約の改正

      会社は、関連法令に反しない範囲内で本規約を改正することがあります。

      会社は、改正規約の適用日の7日前までに、その適用日、改正項目、改正事由を明示し、電子メール送信、携帯電話のテキストメッセージ送信、書面発送、ウェブサイト掲示のうち1つ以上の方法で会員に告知します。ただし、会員に不利な内容の変更においては、適用日の30日前までに上記の方法で告知します。

4条(本サービスの利用)

      本サービスの利用は、会社の業務上または技術上の特別な支障がない限り、年中無休、124時間を原則としますが情報通信システムなどの定期点検、保守、交換、故障、通信途絶などの事由が発生した場合には、本サービスの提供を一時中断することがあります。この場合、会社は、その内容を会員に周知します。ただし、事前に周知できないやむを得ない事由がある場合には、事後に周知します。

      会社は、無料で提供する本サービスの一部または全部を、会社の方針および運営の必要上、修正、中断、変更することがあり、関連法令に別段の定めがない限り、会員に個別の補償を行いません。

5条(会員および会社の遵守事項)

      会員は、会社が提供する本サービスを利用するにあたり、法令、第三者との契約および所属組織内部の規定を遵守し、組織の長の承認など必要な手続きを履行しなければならず、会社の要請に応じて、その手続き履行に関する証明書類を提出しなければならないことがあります。

      会社が法令および公正競争規約に基づき、本サービスの利用に関連して会員の所属組織に事前もしくは事後の通知・届出をしなければならず、または承認を受けなければならない場合、会社は、本サービス内容およびその履行事項を当該組織に公開し、関連手続きを行うことがあります。

      社の本サービスは、会員に対し会社の製品の適正使用または安全使用を目的とした情報の提供を目的としており、会社またはその系列会社の製品を使用、推奨または購入を会員または会員の所属組織に義務付けるものではなく、また会社の製品の使用を取計らうことを会員に義務付けるためのものではありません。また、会員が医療機器製品の購入に影響を及ぼせる地位にある場合でも、本サービスの提供とは無関係に、公正かつ独立した判断に基づき、その決定をしなければなりません

      会社および会員は、日本の法令およびその他の腐敗防止法以下「腐敗防止法」という)違反となる行為を行わないものとする。また、いずれの当事者も、腐敗防止法に反する方法で、政府の職員・従業員、政党の職員・公職の候補者、または取引に関連するその他の第三者に対し、金銭の支払または便宜の供与(または、その申入れ)を行わないものとします。本項に対する違反事項がある場合、その違反の程度を問わず、会社は、本サービスの提供を中断することがあります。

      会員および会社が本サービスの利用に関連して別途締結した契約がある場合、会員および会社は、その契約を誠実に履行しなければなりません。

6会社の義務

      会社は、関連法令、公序良俗および本規約が禁止する行為をせず、継続的かつ安定的な本サービス提供に努めます

      会社は、会員が安全に本サービスを利用できるように、個人情報保護のためのセキュリティシステムを整備し、「個人情報の保護に関する事項」を公示し、遵守します。

7条(会員の義務)

会員は、本サービス利用に関連して、次の各号の行為をしてはなりません。

1.        本サービス利用に関連する諸申請または変更の際、虚偽内容を記載する行為

2.        本サービスに掲示された各種情報を無断変更、削除、毀損する行為

3.        会社が許可した情報以外の本サービスとは無関係の情報(コンピュータプログラムおよび広告など)を送信し、または掲示する行為

4.        会社または第三者の著作権などの権利を侵害する行為

5.        会社または第三者の名誉、プライバシーを侵害し、または業務を妨害する行為

6.        猥褻または暴力的な情報その他公序良俗に反する情報を本サービス上にて公開し、または掲示する行為

7.        ウイルス、コンピュータワーム、スパイウェアなどコンピュータのハードウェアもしくはソフトウェアを損傷させる恐れがあり、もしくはその運営を掌握する意図を持ったコンピュータのコード/プログラムを掲示し、または送信する行為

8.        違法または不正な目的で本サービスを利用する行為

9.        会員が他の会員の情報を盗用したり、自らのID・パスワードを不正に使用する行為

8条(サービス利用制限)

      次の各号の事由に該当する場合、会社は、本サービス利用を制限または停止することがあります。

1.        会員が他の会員の本サービス利用を妨害する場合

2.        会員が本サービスを利用して関連法令または公序良俗に反する行為をする場合

3.        その他本規約に規定される義務に会員が違反していると会社が判断する場合

      会社が本サービス利用を制限または停止しようとするときは、事前にその事由、日時、期間を電子メール、電話、携帯電話のテキストメッセージ、書面などの方法で通知します。ただし、緊急を要する場合には、措置後に通知することがあります。

9条(個人情報保護)

会社は、関連法令および会社の個人情報の取扱いに関する規範を遵守し、それにより会員の個人情報を保護するとともに、会員の個人情報を適切に取り扱います。

      本サービスを利用いただくにあたり提供される個人情報について、会社は以下の目的でこれを利用します。

o    ESS Websiteを利用いただくにあたっての会員の本人確認および会員管理

o    ご要望事項またはお問い合わせ事項の確認、事実調査のための連絡・通知、および処理結果の通知

o    ESS Websiteにおけるコンテンツ提供および改善、利用者の好みに合わせた本サービス提供

o    会社が主催する教育関連イベントの案内および会社が運営するイベント管理システムの案内

o    紛争調停のための記録保存

o    クレーム処理などの対応の記録

o    利用規約などの変更事項の告知および利用者との関係またはESS Websiteを利用いただくにあたっての重要な情報の提供等

     会社は、Cookieを使用してESS Website使用に関する閲覧履歴、視聴履歴および統計情報を収集します。これは、ESS Websiteのデザインおよび機能を継続的に改善し、会員の使用方法を把握し、関連する製品の適正使用/安全使用情報の提供、会社の製品やサービスの提案および関連する質問を解決することをサポートするためのものです。会社は、Cookieによって、会員の興味を引く可能性が最も高いコンテンツを選択し、利用者がESS Websiteを閲覧している間、その内容を表示することもあります。

     会社が第三者に個人情報などを提供する場合、事前に利用者から当該第三者への提供に関する同意を取得します。但し、本方針に定める利用目的を達成するために必要な業務を第三者に委託する場合があり、当該第三者(以下「委託先」)に利用者の個人情報を預託する場合があります。この場合会社は、利用者の個人情報の安全管理が図られるよう、個人情報関連法令等に基づき適切に監督します。

     会社は個人情報を、利用者個人を識別できない形態で利用することがあります。

     利用者個人を識別できない形態の情報であっても、会社が保有する利用者の別の個人情報と容易に照合することで利用者個人を識別することができる限り、その情報を個人情報として取り扱います。

10著作権など

      会社が作成した著作物、本サービスおよびそれに必要なソフトウェア、画像、マーク、ロゴ、デザイン、名称、情報、商標などの著作権その他の知的財産権は、会社に帰属します

      会員は、本サービスを通じて得た情報を、会社の事前承諾なしに複製、送信、出版、配布、放送その他の方法によって営利目的で利用し、または第三者に利用させてはなりません。

11条(損害賠償)

会員の不法行為または本規約の違反により会社に損害が発生した場合、当該会員は、会社に発生した損害を関連法令の範囲内で賠償しなければなりません。

12免責条項

      会社は、天変地異、戦争、これに準ずる不可抗力その他会社の帰責事由によらずに会員に生じた損害に対して、責任を負いません。

      会社は、会員が本サービスに掲載した各種情報、資料、事実の信頼性、正確性を保証せず、これに関連して他の会員に発生した損害に対して責任を負いません。

      会社は、会員相互間および会員と第三者間において本サービスを媒介して発生した紛争について介入する義務がなく、これによる損害に対して責任を負いません。

      会社は、他の会員の行為により被ることとなった会員の精神的被害に対しては、責任を負いません。

      会社は、無料で提供する本サービスの利用に関連して、関連法令に別段の定めがない限り、責任を負いません。

13条(管轄裁判所および準拠法)

      本サービス利用中に発生する会員と会社との間の紛争について訴訟が提起される場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

      本規約は、日本法を準拠法として解釈されるものとします。

14条(附則)

本規約は、2019年12月5日から適用されます。

以上

 

ESS Websiteのご利用に際しては、こちらの規約もご確認ください。